プロテオグリカン|ロコモア

MENU
購入窓口今すぐ!リンク
詳細はこちらクリック! ※他のサイトへリンクしています

グルコサミンを超える軟骨成分

タンパク質はしばしば、炭水化物と結びつき、糖タンパク質とまとめて呼ばれます。タンパク質とコンドロイチン硫酸などのムコ多糖類と結合したものは特に、プロテオグリカンと呼ばれ、グルコサミンを超える軟骨成分かと、口コミで評判が高まっている状況です。

ヒアルロン酸を超える保水力

語源的に、プロテオグリカンのプロテオはタンパク質に、グリカンは糖に由来する成分名です。タンパク質と多糖類という巨大分子同士がつながった、超巨大の複合体なので、分子量たるや相当なものがあります。体内での吸収方法も特殊で、エンドサイトーシスという細胞が特定の物質を包み込んで取り込むような形で吸収されるのが特徴的です。
プロテオグリカンは、おもに軟骨や皮膚に多くある成分です。そのうち、軟骨組織にあるものはアグリカン、皮膚の真皮層にあるものはヴァーシカン、皮膚の基底層にあるものはパールカンと呼ばれます。
プロテオグリカンは、高い保水力で評判になっています。ヒアルロン酸を超える保水力が特徴的で、じつに1.3倍もの保水力を誇ります。高レベルの軟骨成分や保湿成分として、注目されるのも納得モノです。
また、プロテオグリカンのBGF(上皮細胞増殖因子)様の作用も重要ポイントで、お肌のターンオーバーを促す働きがあります。高い抗酸化作用もあり、美肌成分としても活躍してくれそうです。
さらに、炎症を抑える働きにも注目が集まっています。サイトカインをサポートすることで、炎症の発生を防ぐことにつながっていると考えられています。

メジャーになったのはごく最近

マルチな効能が認められながら、プロテオグリカンがメジャーになったのはごく最近のことにすぎません。原因はただ1つ、大量生産が可能になって、価格が大きくダウンしたからにほかなりません。
現在のような量産化が実現される以前、プロテオグリカンは、豚を原料に抽出し、しかも得られる量はごく少量だったのです。一説では、グラムあたり3000万円もしていたといいます。しかも、抽出には有毒な薬品を使っていたので、どっちみち人間が手軽に口にできるシロモノではなかったのです。
そんなウラ悲しい状況が一変したのは、弘前大学の故大垣教授らの研究のおかげで、大量に抽出する方法ができあがったことにあります。現在では、鮭の鼻軟骨が、プロテオグリカンの主原料に、酢酸で抽出する方法が開発され、安く・安全に抽出することが可能になったのです。研究の段階で、氷頭なますという鮭の鼻軟骨を酢につけた郷土料理がヒントになったという開発秘話があります。

自然にたくさん摂るのは難しい

プロテオグリカンは、通常の食品に近いものが原料なので、人間にも親和性が高いのがメリットです。副作用というわけではないのですが、ある意味、デメリットと言えるのが、原料の関係上、自然界では大量入手は難しいということでしょう。なので、サプリに頼るところ大なのが現状です。

ロコモアのお試しはまず1ヶ月分1瓶から

ロコモアを確実にお試しできる方法は、1カ月分・1瓶をまず飲んでみることです。 1瓶のみでも送料無料で届けてくれます。

詳細はこちらクリック!
※他のサイトへリンクしています

関連ページ

軟骨成分
グルコサミンやコンドロイチンなどは軟骨成分と呼ばれています。今ではサプリメントなどいろいろな形で利用されています。
グルコサミン
グルコサミンとは、関節の動きをなめらかにしたい人に、とくに評判が高い成分のことをいいます。ひざや関節が気になる人には、とくに摂取が推奨できる成分です。
コンドロイチン
コンドロイチンとは、正式にはコンドロイチン硫酸というムコ多糖類の一種、全身のあらゆる場所にある成分です。とくに軟骨成分として重要で、痛みを我慢し続けるよりは、必要な成分の不足状態を解消するために経口摂取を続けることが、効果的な解決方法になると、口コミで評判です。
イミダゾールジペプチドとは
イミダゾールジペプチドとは、動物の骨格筋や神経組織に存在するペプチドのことです。
イミダゾールジペプチドサプリについて
イミダゾールジペプチドを豊富に含んだ食品はコレステロールやプリン体も多いということで、サプリによる摂取も注目されています。
イミダゾールジペプチドの副作用
イミダゾールジペプチドの副作用を心配する声もありますが、もともと人体にも存在する成分なのでその心配はありません。