グルコサミン|ロコモア

MENU
購入窓口今すぐ!リンク
詳細はこちらクリック! ※他のサイトへリンクしています

グルコサミンとは

グルコサミンとは、関節の動きをなめらかにしたい人に、とくに評判が高い成分のことをいいます。ひざや関節が気になる人には、とくに摂取が推奨できる成分です。

加齢で生成力が減少するグルコサミン

中高年に多くみられる、ひざの関節症は主に、長年の酷使が原因で関節軟骨がすり減り、骨と骨がこすれあうために起きる症状です。軟骨は、グルコサミノグリカンというムコ多糖類で構成されます。グルコサミンとは、ムコ多糖類の産出に必要な成分でもあります。
グルコサミンとは、加齢で生成力が減少していく一面もあります。高齢者ほど、軟骨の柔軟性がだんだん損なわれていくので、軟骨はすり減る一方となり、ついには関節の痛みへと発展していく格好になるのです。
グルコサミンとは、経口摂取により補給することで関節のすり減りが抑えられ、ついで軟骨の再生が期待できます。このとき、コンドロイチンも同時に摂取して、関節に水分を呼び込むようにすると、軟骨をケアする効果がさらに高まります。
がいして、グルコサミンとは、関節の動きをスムーズにするのが摂取の目的なので、歩行時のひざの違和感や痛みをとったり、股関節・首・ひじなどの痛み改善などが主な使い道になります。サプリは、関節痛の改善のために使われるほか、スポーツ障害や痛風の改善にも用いられることがあります。効果は、一般的な非ステロイド系の抗炎症剤と同等以上だという評判で、たんなる痛みどめを我慢して使うよりか、よほど適切な対策だといえます。

安全性の高い軟骨成分

グルコサミンとは通常の食材に近いので、安全性の高い軟骨成分だといえます。ただ、サプリとしては一般的に、原料にカニやエビの殻から抽出したキチン質が使われています。信頼のおけるメーカーならまだしも、サプリ製造時に不純物が混入する可能性はゼロではないので、甲殻アレルギーがある人は一応、注意が必要です。
安全性が高いとはいっても、グルコサミンとは大量摂取を避けるのが賢明ともいわれています。ラットを使った動物実験では、体重1kgあたり5gで毒性が確認されたとの報告があります。適量であっても、サプリ摂取で胸焼けや下痢などの症状が出たら、使用を中止するか量を減らすなどの対策をとるとよいでしょう。
また、グルコサミンとは、血糖値に影響を与えるとも言われている成分なので、糖尿病の人は、血糖値の変化をみながら摂取するのがオススメです。若い人の場合、長期摂取で、自然な軟骨の再生能力を損ねるとされている点で要注意です。

目安量は?

グルコサミンとは、今までに問題となる副作用や健康被害が知られていない点で、安全性の高い成分です。市販のサプリでは1日当たり1000?1800mgが一般的で、成人が使う分にはまったく問題のない含有量です。利用にあたっては、過剰摂取のリスクを避けるためにも、摂取の目安量は一応尊重するのが賢明です。

ロコモアのお試しはまず1ヶ月分1瓶から

ロコモアを確実にお試しできる方法は、1カ月分・1瓶をまず飲んでみることです。 1瓶のみでも送料無料で届けてくれます。

詳細はこちらクリック!
※他のサイトへリンクしています

関連ページ

軟骨成分
グルコサミンやコンドロイチンなどは軟骨成分と呼ばれています。今ではサプリメントなどいろいろな形で利用されています。
コンドロイチン
コンドロイチンとは、正式にはコンドロイチン硫酸というムコ多糖類の一種、全身のあらゆる場所にある成分です。とくに軟骨成分として重要で、痛みを我慢し続けるよりは、必要な成分の不足状態を解消するために経口摂取を続けることが、効果的な解決方法になると、口コミで評判です。
プロテオグリカン
タンパク質とコンドロイチン硫酸などのムコ多糖類と結合したものは特に、プロテオグリカンと呼ばれ、グルコサミンを超える軟骨成分かと、口コミで評判が高まっている状況です。
イミダゾールジペプチドとは
イミダゾールジペプチドとは、動物の骨格筋や神経組織に存在するペプチドのことです。
イミダゾールジペプチドサプリについて
イミダゾールジペプチドを豊富に含んだ食品はコレステロールやプリン体も多いということで、サプリによる摂取も注目されています。
イミダゾールジペプチドの副作用
イミダゾールジペプチドの副作用を心配する声もありますが、もともと人体にも存在する成分なのでその心配はありません。